2018/09/03(月) 16:09
明日、台風の影響も! (本日の日記)

明日は、台風の影響もあるかもしれませんね。状況によっては、お店も、早く閉める可能性もあります。でも、できるだけ閉めずにやるつもりです。こういった時には、お店も暇なんですけどね。昨日の日曜日も、14時までは、ほとんどお客様もご来店されず、15時ぐらいから混みだしました。こうして混みだした時にいらしたお客様は、いつも混んでいると勘違いされてしまうのですが、実際には、そういった事はなく、いつもお客様がご来店される時間帯は、いつも同じ時間に来られるので、混んでいるように感じてしまいます。土曜日は、逆に、早い時間帯が混みました。どうして人間は、同じ時間に動くのかは、私は理解できませんが、私みたいな天邪鬼は、決して、混む時間帯には、お店には行かないので、混んでいてお店に入れなかったことは、ほとんどありません。最近は、日曜日は、早い時間帯は空いています。土曜日は、早い時間帯が、混みあいます。この情報をもとに、どうぞご来店くださると、せっかくお店にいらしても混んでいてはいれないということはないと思います。

2018/09/02(日) 11:09
セレクトした素晴らしいウヴァは (紅茶の話)

セレクトした素晴らしいウヴァは、12日のオークションになります。それ以降、輸出許可をとったりして、空輸で、送ってもらうので、入荷は、おそらく9月末か、10月の初めになると思います。是非、楽しみにしていてください。私も楽しみです。オークションは「いくらでもいいから買ってください」とお願いしてあるので、必ず競り落とします。

2018/09/01(土) 11:09
今回のウヴァの買い付けの総括 (紅茶の話)

今年のウヴァは、昨年より、少し遅かった。特に、ダンバテン茶園は、遅かった。さらにマラワッタヴァレーのウヴァは、特にウヴァハイランズが素晴らしかったのは久々で、これからも楽しみです。ルフナ(というか、サバラガムワなのですが)については、やはり、3月、4月のほうが、クォリティーは高いということがわかった。とにかく、今年は良いウヴァが買えたのでよかった。

2018/08/31(金) 12:08
紅茶買い付け日誌 最終日 (本日の日記)

今日は、日本に帰国する日。午前中、ホテルでゆっくりしていただいて、11時にホテルを出発。マウントラビニアにある、以前、ご紹介したCOZA CEYLONにてランチ。ここは以前、うちのスタッフだった娘が、スリランカの方と結婚をして夫婦で経営しているブティックホテル。やはり日本人に合わせて、カレーも辛さを抑えて作ってくれている。美味しかった。ランチ後、コロンボのジェフリー バワの作ったカフェにて、ティタイムと立ち寄ったのだが、すごく混んでいて、皆様は向かいのショップでお買い物。すぐさま、空港に向かう。金曜日の便なので、空港は、すごく混みあっていて、結局は、空港でもあまり、ゆっくりする時間もなく日本に帰国。
こうして、夏のツァーは、無事に終わりましたが、皆様、またスリランカにリピートして行ってくれると、すごく嬉しいですね。
夏の旅は、それほど茶園を周らないので、そんなには、きつくはなかったと思いますが、春は、沢山の茶園を周るので、けっこう体力は必要です。

ところで、手荷物で持ち帰った茶葉は、ものすごい勢いで売れていて、すでに、棚に、置いてある茶葉が売れてしまうと完売という状態です。
すごく好評です。お早めにお求めください。

2018/08/30(木) 17:08
紅茶買い付け日誌五日目 (本日の日記)

今日は、ただ、ホテルに移動するだけ。ただし、天才建築家である、ジェフリー バワの、最後の建築であるブルーウォーターホテルに宿泊。そこで、相棒が、時間を一時間読み間違えて、到着が遅くなってしまう。相棒曰く、道が混んでいたということだが、私が見た感じでは、さほどでもない気がする。まぁ、いいか。途中、トイレ休憩をしたところが、ローカルのフードが食べられるフードコートみたいになっていて、揚げたてのワデが、20円ぐらいで食べられる。わーいと、ワデに食らいつき、出発。高速に入って、ランチを14時ぐらいに高速のサービスエリヤでとる。しかも安い。でも、カレー!高速を降りて、もうすぐ、ホテルなのだが、近くに大きなスーパーマーケットがあるので、そこで皆で買い物。あと、せっかくなので、アーユルヴェーダをしたいと、いう方々がいて、手配をしたのだが、どうも、へんなところにお連れしては、と思い、コザ セイロンでやってもらうことにしてお迎えを頼む。
到着して、アーユルヴェーダをされる方々は、お迎えがきているので、すぐに出発。
残った方々は、時間がたっぷりとあるので、素晴らしいホテルで、ゆっくりしてもらう。
すると相棒が、相棒の部屋で、皆さんでお酒でも飲みましょうということで、皆さんに声をかけ、19時に皆、集まり、スリランカのお酒である、アラックがあっという間に、空っぽ。
私は、ビールを飲む。
どうも、アーユルヴェーダ組が遅くなりそうなので、20時に残った人だけで、お先に夕食をとる。
どうも、先に飲んだお酒がきいてきて、もっと飲みたくなったので、男性だけを集めて、プールサイドで二次会。
気が付いたら、23時だったので、解散して、眠りにつく。

2018/08/29(水) 11:08
紅茶買い付け日誌四日目 (本日の日記)

昨日で、自分の仕事は終わったので、気持ちよく目覚める。早朝に、ホテルの前に、シートをひいて、いろいろなお店が出ていて面白く、家内と、朝食前に散歩がてらお店を散策。
すると、スリランカ式の紅茶を淹れる茶漉しを発見!なんと100ルピー!日本円だと70円。即購入。
あとは面白い、日本にはない野菜など、見て回るのが面白かったら、うちのツァーの参加者も、みんな集まってきて、楽しんでいました。
朝食の時、相棒が眠そうにしているので、「どうしたの?」と聞いたら、昨日、夕食が終わったら、ダンバテン茶園のマネージャーから電話があって、本当に、二つ先のホテルでダンバテングループの、総会というか宴会をやっていたそうで、ダンバテン茶園を訪問した際に、相棒が、エッラに宿泊すると伝えたので、「一緒に飲みませんか」というお誘いの電話があったらしい。
相棒も、それならとお酒が好きなので、飲みにいって、夜中の2時まで飲んでいたそうです。すごく楽しかったみたいで、「よかったね」と言ったら、「楽しかったけれど、眠いです」ということでした。
でも、こうやって、そういった飲み会に誘ってくれるということは、やはり相棒の人柄の良さを感じます。
その飲み会はダンバテングループのすべてのマネージャーとディレクターが、集まってきていて、普通のバイヤーは、絶対にお声をかけてはもらえないのに、すごいなー!私も呼んで欲しかったなー!などと思いました。
さてさて、本日は、仕事もおわり、観光。ヤーラの自然公園に行きます。
エッラという街は、スリランカで一番、酸素の多い街ということで、エッラギャップという谷から吹く風が沢山の酸素を運んでくるということで、世界でも有名らしく、それで、ヨーロッパの人たちが沢山、観光に来ているみたいです。
その谷をビュースポットから眺めていると、オランダ人の観光客が降りてきて、すごくにこやかな人たちで、日本人に良い印象が強いみたいでした。
バスに乗って、ヤーラに向かう途中、緊張が解けたのか、急に眠くなって、熟睡!
あっという間に、宿泊するキタラリゾートの近くまで到着。
すぐにランチなのですが、まだ、11時半。ちょっと早いし、まだ、それほど空腹でもないのですが、無理やり昼食をとり、ホテルにチェックイン。
少し休んでから、14時に、ヤーラの自然公園にてサファリに出発。
部屋で休んで顔でも洗おうかと思ったら、洗面のシンクの水の流れが悪い。
早速、ホテルに直すようにお願いにいったら、ホテルのマネージャーが、相棒の友人だということで、どこまで、顔が広いんだろうと、またまた、びっくり!
ゆっくりとしていると、もう14時。早速出発。
ジープが、ホテルまで迎えにきてくれて、3台のジープで自然公園に向かう。
しかし、ジープはすごく揺れる。1時間ぐらい、走ってから、やっと自然公園に到着。
公園に入ると、ものすごく道が悪く(当たり前なのですが)一番きつかったのは、砂ぼこりがすごいし、とにかく暑い。
公園に入ったのですが、あまり動物いないね?
野生の水牛やバッファローに出会うが、象に出会わない。どうやら、今、まったく、雨が降らないので、草は枯れているは、ほこりはすごいわで、動物が、水のあるところに避難しているみたいです。
しばらく走っていると、ワニに出会い、孔雀に出会って、やっと象さんに会えましたが、一頭だけ?結局は、象には、あと一度だけ会えて、延々と2時間のサファリは砂ぼこりにまみれて、もうサファリはいいかな?と思いました。夕方、ホテルに戻ると、ホテルで紅茶を用意していてくれていて、レストランで飲もうとしたら、イギリス人の老夫婦が、ビールを飲んでいて、怪訝そうな顔をして、こちらを、睨んでいる。バーのスタッフに「ジャパニーズ?」と聞いていたので、何か、日本人が嫌なのかよ?とも思ったのですが、ツァーで沢山の人数が、嫌みたいです。どうも、イギリス人の高齢の方は、そういったのを嫌がるみたいですね。
静かにリゾートに来ているのに、騒がしい、と思ってしまうみたいです。
でも、皆さん、そんなに、騒いではいませんでしたけどね。
夕食の時も、うちの、相棒を睨みつけていたので、相棒が、怖がっていました。
とにかく、四日目も無事?に終了して、ゆっくりと就寝。
明日は、いよいよ、ジェフリー バワの建築したブルーウォーターホテルに向かいます。

2018/08/28(火) 09:08
紅茶買い付け日誌3日目 (本日の日記)

本日は、このツァーのメインであるウヴァの茶園に行きます。ラトゥナプーラを出発してダンバテン茶園に向かう。到着するとマネージャーがずーっと待っていてくれて、まずは、お土産を渡し、工場見学。そのあとに、ティスティングなのだが、すごい量!28種類のティスティング!マネージャーが、クォリティーシーズンに入ってからの、良いものをすべてティスティングさせてくださるらしく、ティスティングルームは、すごいことになっていました。この茶園は観光客のために、工場見学もさせているため、ヨーロッパの方々が、沢山、来ていて、ティスティングルームを見て、何だこれは!みたいな、顔をしておりました。とりあえずティスティングを初めて、何と!本日作られたものが、香り、味共に、素晴らしいではありませんか!
一番良かったのがBOPF、次にBOP、その次が、D1でしたが、BOPとBOPFは、あとから空輸で送ってもらうことにして、手荷物では、BOPを20キロと、あとミルクティー用でD1を20キロ購入。最後に、「私は、あなたの作る紅茶が好きです」と伝えたら、「私も、お前さんのことを気に入っているよ」と言ってくれたのは嬉しかった。
ダンバテン茶園を後にして、次は、キーラベッタ茶園に行く。ここでは、マネージャーより、もっと偉いディレクターが待っていてくれて、実は、前もって知っていたので、ディレクターへのお土産も用意してました。ディレクターは、以前はダンバテン茶園のマネージャーだったのですが、大出世をして、このダンバテングループの現場の最高責任者までになりました。
ダンバテン茶園のマネージャーのころから、かなりのやりてだなとは、思っていたので、なるようにしてなったと思います。
このディレクターはマネージャーの時、ウィスキーをお土産に持って行ってたのですが、ある日「俺は、ウィスキーよりバカルディーの方が好きだ」と教えてくれたので、彼には、いつもバカルディーをお土産に持っていきます。
キーラベッタ茶園でディレクターとマネージャーにお土産を渡し、さっそくティスティング。良いものではあるが、私は、ダンバテンの方が、好きですね。
茶園を離れる時に、わざわざ、ディレクターとマネージャーが外まで、見送りに出てきてくれた、普通、あんな、高い地位にいる方は、見送りに出てきてくれない。やはり、お付き合いの長いというのは、大切ですね。
ランチはバンダラウェラホテルで、とってから、エイスラビー茶園に向かう。
この茶園はエイスラビーとチェルシーの紅茶を作っています。
ティスティングルームに入ると、なれなれしく近づいてくる人がいる。んっ?誰だっけ?あーっ!ディンブラのグレートウェスタン茶園の工場長をしていた人でした。私は忘れていたのですが、工場長が覚えていてくれた。大変、失礼しました。
ティスティングをしたのですが、相変わらず、香りがきつい!一つだけ香りが柔らかく、味の良いものがあったので、とりあえずキープ。最後の、ウヴァハイランズ茶園に向かう。今、ウヴァハイランズ茶園は、ネルーワもここで製茶してます。そこで、今回の、ツァーのハイライトに出会うとは思わなかった。ティスティングをすると、とても素晴らしい!
香りもきつくなく、味も旨味を感じられる素晴らしい!久々のディス イズ ウヴァと出会う。
一気にテンション マックスに上がり、そのテンションのままホテルに到着。
エッラ ギャップ ホテルという、私もエッラには、初めて行きましたが、すごく賑やか!特に、ヨーロッパの観光客ばっかりで、まるで、ヨーロッパにでも来たかの雰囲気でした。
このホテルは、これといって特徴はないが、基本的なことは、トラブルもなく、宿泊するには良いですね。
とにかく夕食をとって、テンションが上がったまま就寝。
次の朝は面白い話を相棒から聞かされる。

2018/08/27(月) 17:08
紅茶買い付け日誌二日目 (本日の日記)

今日はルフナの茶園を巡ります。早朝、ラマダホテルを朝食をとらずに出発。何故かというと、カルタラからニュービターナカンダ茶園に行く途中にある、ローカルのレストランで朝食をするためです。ここの、カレーは美味しい!また、エッグロティーも美味しい!しかし、ローカルのしかもジャングルにあるレストランなので、トイレもローカルなので、ここは前もって、皆様に伝えましたが、けっこう皆様、平気?で使ってました。しかし、カレーは美味しかったので、ここは、満足いただけたと思います。
朝食後に、ニュービターナカンダ茶園に向かう。約1時間。到着すると、何と!本日は、マネージャーのお嬢様が結婚するので、社長が、立ち合いで、結婚式をあげるということで、めでたい日で、社長も忙しく会えなかったのですが、マネージャーは、ご自分のお嬢様が、結婚をするのに、時間を作って、会いにきてくれたのは、ちょっと感激でした。
しかも、皆様に、ここは、茶園のオリジナルの缶入りの紅茶が買えますと、お伝えしたのですが、実は、もう、缶入りの紅茶は販売しないということ。しかし、せっかくなので、最後ですが、わざわざ作ってくれていました。
すごい待遇で、ちょっと、びっくり!
最初に、ティスティングをして、工場見学。ティスティングは、確かに、この茶園は安定した味なのですが、ものすごく良くもなく、購入は、私はしませんでした。
工場見学後に、茶園の紅茶を淹れてくれて、皆さんと一緒に飲み、工場を後にして、昼食、昼食後、近くのもう一つの、ルフナの茶園でCTCの製造を見学。
あとは、ホテルに行くだけなのですが、せっかく、宝石の産地に来たので(ラトゥナプーラは宝石の産地です)宝石屋さんに行きたいという方もいて、宝石屋さんによったのが、藪蛇でした。
ブルーサファイヤの素晴らしい宝石が、あまりにも綺麗だったので、思わず買ってしまいました。
ちょっと買い物をしたいという方もいて、スーパーマーケットに寄ってから、ホテルに向かう。
ラトゥナプーラは、あまり外国人用のホテルが少なく、レイクセレニティーというホテルに宿泊するのは、初めてです。
到着すると、レセプションの棟があって、そこから、電気自動車に乗ってコテージに行かなくてはならず、ちょっと不便を感じたのですが、景色が素晴らしいし、綺麗だ!
部屋も、綺麗だったのですが、食事をする棟に行くのにも、電気自動車に乗っていかなければならないのも、不便!
夕食が済んで、コテージに戻ると、もう、周りは真っ暗になっていたのですが、実は、このコテージの周りは茶畑になっていて、しかも、蛍が沢山いて、不思議な空間で、皆様は大喜び。
コテージについて、シャワーを浴びようと、お湯を出したら、ものすごい暑い蒸気が、ボッボッと出るだけで、なんだかとても、怖い!しかし、シャワーを浴びないと気持ち悪いので、何とか調整をして、やっとシャワーができた。
問題は、この後!夜中の1時半ぐらいに、ものすごいボッボッという音がして、数分後に、屋根から、水の流れるすごい音がする。
テラスに出てみると、テラス側の屋根から、滝のような水が流れ落ちてくる!触ってみると、水ではなくお湯でした。
これは、きっと、シャワーの調子が悪かったのが、それが原因だったのではないだろうか?とにかく、すごい勢いでお湯が流れ落ちてくる。
うるさくで眠れないので、我慢ができず、レセプションに連絡すると、「ソーリー」と謝ったので、すぐに、チェックにくるかと思ったらまったく来ない。
明け方になって、再度、連絡をして、チェックに来いやーと、怒鳴りつけ、それでも、しばらくしてから、来る。
朝、相棒にこのことを、連絡して、相棒が、部屋をチェックしたら、そのひどさに、びっくりしていた。
「とにかく、我々のコテージでよかったよね、あと、スリランカの旅行会社に連絡して、クレームをつけてもらうようにしてください」とお願いをして、まぁ、このホテルは水回りをなおしてくれれば、綺麗なので、ラトゥナプーラに宿泊するときは、また使おうと思う。

2018/08/26(日) 22:08
紅茶買い付け日誌初日 (本日の日記)

すみません、本日は、通販の出荷に追われて、まったくサイトにたどり着けなく、遅くなりました。
さてさて、紅茶買い付け日誌の初日です。
成田空港に、ツァーとして集合、総勢15名。
スリランカに向かって、飛行機は離陸し、すぐに食事だな、と思ったら、意外と気流が悪く、すごく揺れる!しかし、離陸時に、気圧のために耳が痛くならないように購入した、エアーパッドという耳栓は、かなり効果的で、まったく、耳が痛くならない。これは正解だなと思って、少し遅くなって、機内食を食し、映画を見ようとしたら、アベンジャーズのインフィニティーウォーをやっていたので、これは、見たかったので、ラッキー!しかし、見たら、意外と面白くなく、がっかり。とにかく、少し睡眠をとって、また食事が出たので、食事が終わったら、もう、あと1時間でスリランカに到着。到着して、スリランカルピーに空港の銀行で、両替をして、相棒に会い、空港近くの、ラマダ エアーポート ホテルに10分ぐらいで到着。すると、最初のトラブルが!部屋が、まだ、数室ほど準備ができていないということ!相棒が、すごく怒っていたので、スリランカではよくあることなので、相棒をなだめたのですが、マネージャーが出てきて、直接、私に謝るので、別に大したことではないので、「大丈夫ですよ」と応える。ラマダは数年前に、宿泊したのだが、別に寝るだけなので、大したホテルではない。しかし、基本的な、お湯がきちんと出るのかということが、心配でしたが、問題はなく、また、使えそうです。とにかく、長時間のフライトで疲れているので、シャワーを浴びて、就寝。明日は、早朝に出発です。

2018/08/25(土) 19:08
無事帰国 (紅茶の話)

本日、無事に帰国しました。とりあえず、これから、手荷物で持ち帰った、スーパーフレッシュティーを通販で販売を開始します。これからアップしますので、数分お待ちください。とにかく手荷物で持ち帰った、紅茶は素晴らしいですが、すぐに完売してしまいますので、これだけは、お許しください。もちろん、数量は限定です。ダンバテン茶園の素晴らしいのを、持ち帰りました。明日から、紅茶買い付け日誌を書き込みます。楽しみにしていてください。

< 前のページ 次のページ >